忍者ブログ

設備のマニアどっとこむ

設備、資格、DIYのブログ!

01/04

Wed

2017

【arduino】電流監視ロガーの制作【DIY】

あけましておめでとうございます。今年も設備のマニアどっとこむをよろしくお願いいたします。
今年一発目の記事ですが、タイトルの通り電流監視ロガーを作ってみました。

データセンターのラックなどの電流を管理するのは非常に重要なことです。電源の異常を素早く察知し、顧客へ連絡することで被害を最小限にすることができます。

今回は電源ケーブルにCTを取り付け、arduino へとりこみマイクロSDカードへログを書き込んでみました。

まず準備するのはarduinoに加えてethenetシールドが必要になります。

これをガキーン!とくっつけます。

そしてマイクロSDカードをさします。


電流センサーは秋月電子通商で購入しました。
交流回路を直流にし、なおかつarduinoのアナログ入力である0~5Vにする必要があります。
CT比は3000:1(実電流3Aで2次側1mA)です。抵抗100Ωにて電圧回路にしています。特性表の電圧を10倍してください。3Aで0.1Vとなります。

回路例は写真の通りです。念のため、可動鉄片型の電流計にてわかりやすいように比較できるようにしています。



arduinoの入力はA0ピンとグランドを使い、LEDは5、6、7ピンを使っています。
注意しなければならないのが、ethenetシールドを使用する場合11、12、13、4ピンをつかうと
うまく動きません、それ以外のピンを使うようにしてください。



ソースコードはスケッチの例にデフォルトで入っているSDフォルダのなかのDateloggerを少しいじったものになります。
#include <SPI.h>
#include <SD.h>
// On the Ethernet Shield, CS is pin 4. Note that even if it's not
// used as the CS pin, the hardware CS pin (10 on most Arduino boards,
// 53 on the Mega) must be left as an output or the SD library
// functions will not work.
const int chipSelect = 4;
void setup()
{
  // Open serial communications and wait for port to open:
  Serial.begin(9600);
  while (!Serial) {
    ; // wait for serial port to connect. Needed for Leonardo only
    
    pinMode(5, OUTPUT);
    pinMode(6, OUTPUT);
    pinMode(7, OUTPUT);
  }
  Serial.print("Initializing SD card...");
  // make sure that the default chip select pin is set to
  // output, even if you don't use it:
  // pinMode(10, OUTPUT);
  // see if the card is present and can be initialized:
  if (!SD.begin(chipSelect)) {
    Serial.println("Card failed, or not present");
    // don't do anything more:
    return;
  }
  Serial.println("card initialized.");
}
void loop()
{
  // make a string for assembling the data to log:
  String dataString = "";
  // read three sensors and append to the string:
  for (int analogPin = 0; analogPin < 1; analogPin++) {
    int sensor = analogRead(analogPin);
     
    dataString += String(sensor* 0.146484);
   
    if (analogPin < 1) {
      dataString += "A";}
if (sensor > 68.266) {
 digitalWrite(5, HIGH);
 delay(500);
 digitalWrite(5, LOW);
 digitalWrite(6, HIGH);
 delay(500);
 digitalWrite(6, LOW);
 digitalWrite(7, HIGH);
 delay(500);
 digitalWrite(7, LOW);
 
}  
else {digitalWrite(5, LOW);
 digitalWrite(6, LOW);
 digitalWrite(7, LOW);}  
     
  }
  // open the file. note that only one file can be open at a time,
  // so you have to close this one before opening another.
  File dataFile = SD.open("datalog.txt", FILE_WRITE);
  // if the file is available, write to it:
  if (dataFile) {
    dataFile.println(dataString);
    dataFile.close();
    // print to the serial port too:
    Serial.println(dataString);
  }
  // if the file isn't open, pop up an error:
  else {
    Serial.println("error opening datalog.txt");
  }
}
arduinoの入力電圧は0~5Vを1024分割した入力になります。それを電流にするため、
入力電圧×3000(CT比)÷100(抵抗)×1024÷5
=入力電圧×0.146484という定数をかけています。
これで実電流を表示する事ができます。センサー類を使う場合、この様な換算が必要になってきます。

警報が出るしきい値は10A以上としていますが、こちらは逆に10÷0.146484でセンサーの電圧にしています。

10A以上電流が流れる機器としてドライヤーを使用しました。
ヒーターを使うとLEDが点滅し、送風だと10A以下なのでスルーします。


aruduino IDEのシリアルモニタに電流が出力されていますがすべてマイクロSDカードにログが保存されていきます。



↑マイクロSDに作成されたファイル

これで電流監視ロガーができました。
arduinoははじめからさまざまなケースのスケッチの例があり少しいじれば簡単にいろんなことができます。業者にウン十万払って工事するよりも、意外と安くできる・・・かも。



↓↓電験3種の公式集を作りました↓↓



拍手[0回]

PR

12/14

Wed

2016

aruduino搭載PLC M-Duinoでマグネットスイッチを動かす

ここ最近arduino関連の記事が続いていて、「あれ?設備はどうなっちゃったの?」と思っている方も多いかもしれません。 しかしついにデジタル回路でシーケンスを動かすシロモノを手に入れました!!


arduinoの搭載のPLC、M-Duinoです!!

PLCってのはプログラマブルロジックコントローラの頭文字をとったもので、シーケンス回路をプログラムで組んでいて記憶しておくことのできる優れものなのです!!
これがあれば100V制御電源で盤内配線をぜんぶIV線でする必要も無いし、回路変更も簡単です。

と、いいつつ実は昔からPLCはありました。じゃあこれは何がすごいのかというと、

arduinoの組み込みプログラムであるarduino IDEで回路が組めるのです!!

↑↑↑こんなやつです。

PLCは三菱、オムロン、東芝、富士電機といろんなメーカーが出していますがそれぞれ独自のアプリケーションが存在し、一般の設備員では扱うのが困難です。(バリバリ組める人もいますが…)

それに比べarduino IDE はググればタダでダウンロードできますし、そこら中にサンプルソースがアップされています。

つまり、ノートPCとUSBケーブルがあれば簡単にPLCのプログラムがいじれてしまうんです!!


では早速ですがマグネットスイッチのON、OFFをやってみます。


電源は直流12V~24Vです。写真ではトランスで100V→12Vにしてなおかつ整流していますが、お金があったら一体ものの直流安定化電源を買って下さい。またM-Duinoのリレー出力の接点容量は5Aもあるのでマグネットスイッチのコイルなんて余裕です。

IDEのソースはこちら↓↓
void setup() {
  pinMode(A0,INPUT);
  pinMode(A1,INPUT);
  pinMode(25,OUTPUT);
}
void loop() {
if(digitalRead(A0) == HIGH){
  digitalWrite(25,HIGH);
}
 if(digitalRead(A1) == HIGH){
  digitalWrite(25,LOW);
 }}
デジタル入力A0とA1のみを使用しそれぞれ押しボタンの信号を受けます。
ONスイッチであるA0を受けて25番の付属のリレーを動作させます。
A1が入力されるとリレーはOFFになります。


デフォルトでリレー出力(緑)、ボタン入力(赤)がLEDで確認できます。

↓動画はこちら


今回はデジタル入出力のみを使用しましたが、これだけでもフロートスイッチによる水位制御や照明のタイマー回路などのシーケンスは簡単にできてしまうと思います。

 

他にもアナログ入出力やEthernet用のコネクタがあっていろいろできそうな雰囲気を出しています。3万~4万円ぐらいなのにスゴイ(普通のPLCは一式そろえると10万円は余裕で超える)

これは制御盤に革命が起こる予感!!!!





↓↓電験3種の公式集を作りました↓↓



拍手[0回]

12/10

Sat

2016

arduinoでクリスマスイルミネーション

aruduinoでクリスマスイルミネーションを作りました。


↓↓ソースはこちら↓↓
#define LED_PIN 14
#define LED_PIN2 15
#define LED_PIN3 16
#define LED_PIN4 17
#define LED_PIN5 18
#define LED_PIN6 19
void setup() {
  pinMode(LED_PIN, OUTPUT);
  pinMode(LED_PIN2, OUTPUT);
  pinMode(LED_PIN3, OUTPUT);
  pinMode(LED_PIN4, OUTPUT);
  pinMode(LED_PIN5, OUTPUT);  pinMode(LED_PIN6, OUTPUT);
  
}
void loop() {
   digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
   delay(3000);
   digitalWrite(LED_PIN, LOW);
   
   digitalWrite(LED_PIN2, HIGH);
   delay(3000);
   digitalWrite(LED_PIN2, LOW);
   digitalWrite(LED_PIN3, HIGH);
   delay(3000);
   digitalWrite(LED_PIN3, LOW);
   digitalWrite(LED_PIN4, HIGH);
   delay(3000);
   digitalWrite(LED_PIN4, LOW);
   digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);
   delay(100);
   digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
   digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);
   delay(100);
   digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
   digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);
   delay(100);
   digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
    delay(100);
   digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);
   delay(100);
   digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
    delay(100);
    digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);
   delay(100);
   digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
    delay(100);
    digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);
   delay(100);
   digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
    delay(100);digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);
   delay(100);
   digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
   digitalWrite(LED_PIN6, HIGH);
     delay(1000);
       digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);
      delay(1000); 
      digitalWrite(LED_PIN4, HIGH);
      delay(1000);
      digitalWrite(LED_PIN3, HIGH);
      delay(1000);
      digitalWrite(LED_PIN2, HIGH);
      delay(1000);
        digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
      delay(1000);
   digitalWrite(LED_PIN6, LOW);
     delay(1000);
 digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
      delay(1000); 
      digitalWrite(LED_PIN4, LOW);
      delay(1000);
      digitalWrite(LED_PIN3, LOW);
      delay(1000);
      digitalWrite(LED_PIN2, LOW);
      delay(1000);
     digitalWrite(LED_PIN, LOW);
      delay(1000);
     digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
   delay(800);
   digitalWrite(LED_PIN, LOW);
   
   digitalWrite(LED_PIN2, HIGH);
   delay(800);
   digitalWrite(LED_PIN2, LOW);
   digitalWrite(LED_PIN3, HIGH);
   delay(800);
   digitalWrite(LED_PIN3, LOW);
   digitalWrite(LED_PIN4, HIGH);
   delay(800);
   digitalWrite(LED_PIN4, LOW);
   digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);
   delay(800);
   digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
   digitalWrite(LED_PIN6, HIGH);
   delay(800);
   digitalWrite(LED_PIN6, LOW);
   digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);
   delay(800);
   digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
    delay(800);
   digitalWrite(LED_PIN4, HIGH);
   delay(800);
   digitalWrite(LED_PIN4, LOW);
    delay(800);
    digitalWrite(LED_PIN3, HIGH);
   delay(800);
   digitalWrite(LED_PIN3, LOW);
    delay(800);
    digitalWrite(LED_PIN2, HIGH);
   delay(800);
   digitalWrite(LED_PIN2, LOW);
    delay(800);digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
   delay(800);
   digitalWrite(LED_PIN, LOW);
   delay(2000);
    digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
       digitalWrite(LED_PIN2, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN3, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN4, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN6, HIGH);
   delay(100);
    digitalWrite(LED_PIN, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN2, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN3, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN4, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN6, LOW);
     delay(100);
    digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
      digitalWrite(LED_PIN2, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN3, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN4, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);digitalWrite(LED_PIN6, HIGH);
   delay(100);
    digitalWrite(LED_PIN, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN2, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN3, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN4, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN6, LOW);
     delay(100); digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
     digitalWrite(LED_PIN2, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN3, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN4, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);digitalWrite(LED_PIN6, HIGH);
   delay(100);
    digitalWrite(LED_PIN, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN2, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN3, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN4, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN6, LOW);
     delay(100); digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
       digitalWrite(LED_PIN2, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN3, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN4, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);digitalWrite(LED_PIN6, HIGH);
   delay(100);
    digitalWrite(LED_PIN, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN2, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN3, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN4, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN6, LOW);
     delay(100); digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
       digitalWrite(LED_PIN2, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN3, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN4, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);digitalWrite(LED_PIN6, HIGH);
   delay(100);
    digitalWrite(LED_PIN, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN2, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN3, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN4, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN6, LOW);
     delay(100); digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
       digitalWrite(LED_PIN2, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN3, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN4, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);digitalWrite(LED_PIN6, HIGH);
   delay(100);
    digitalWrite(LED_PIN, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN2, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN3, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN4, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN6, LOW);
     delay(100); digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
       digitalWrite(LED_PIN2, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN3, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN4, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);digitalWrite(LED_PIN6, HIGH);
   delay(100);
    digitalWrite(LED_PIN, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN2, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN3, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN4, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN6, LOW);
     delay(100); digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
       digitalWrite(LED_PIN2, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN3, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN4, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);digitalWrite(LED_PIN6, HIGH);
   delay(100);
    digitalWrite(LED_PIN, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN2, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN3, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN4, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN6, LOW);
     delay(100); digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
       digitalWrite(LED_PIN2, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN3, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN4, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);digitalWrite(LED_PIN6, HIGH);
   delay(100);
    digitalWrite(LED_PIN, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN2, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN3, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN4, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN6, LOW);
     delay(100); digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
       digitalWrite(LED_PIN2, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN3, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN4, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);digitalWrite(LED_PIN6, HIGH);
   delay(100);
    digitalWrite(LED_PIN, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN2, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN3, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN4, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN6, LOW);
     delay(100); digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
       digitalWrite(LED_PIN2, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN3, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN4, HIGH);
    digitalWrite(LED_PIN5, HIGH);digitalWrite(LED_PIN6, HIGH);
   delay(100);
    digitalWrite(LED_PIN, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN2, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN3, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN4, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN5, LOW);
    digitalWrite(LED_PIN6, LOW);
     delay(1000);
   
  
}


↓↓電験3種の公式集を作りました↓↓



拍手[0回]

11/23

Wed

2016

【NODE js / arduino】簡易監視システムを作る 後編

前回の続きとして今度はarduino側の回路と組み込むスケッチについて解説する。

使用する部品はこれだけ
 
 温度センサ LM35
 抵抗内蔵5mm赤色LED(5V用)
 arduino UNO
 その他ブレッドボード&ケーブル

まず、温度計の入力はアナログの0番ピン、LED用の出力はデジタルの4番ピンを使用し、
LM35は素子の平らな方から見て左から5V、A0、GNDの順につなぐ。
出力のLEDは長い脚のほうをデジタルの4番ピン、短い方をGNDにつなぐ。
※保護抵抗内蔵なので抵抗はナシ



続いてarduinoのスケッチはこのようになる。
char incomingByte;
boolean sw = false;
float a_in;          // 温度計アナログ入力値
float temp_c = 0;  // 摂氏値( ℃ )
 
void setup(){
    Serial.begin(74800); //index.jsの値と同じにすること
    pinMode(4,OUTPUT);
}
void loop(){
    a_in = analogRead(0);
  // 入力値を摂氏に換算
  temp_c = ((5 * a_in) / 1024) * 100;
  
        int rnd = temp_c;
        delay(500);
        Serial.println(rnd);   //PCへ温度を出力
        if(Serial.available() > 0){
        incomingByte = Serial.read();
        if(incomingByte == '1'){  //1が来たらLEDを光らせるif文
        sw = !sw;   
        if(sw == true){
        digitalWrite(4,HIGH);
         }else{
        digitalWrite(4,LOW);
         }
         }
        }
}
最後はこれらをNODEjsで動かす。


コマンドプロンプト画面でNODEコマンドをたたく

node index.js

listen 3000 portが出力されればOK。続いてウェブブラウザでhttp://localhost:3000/を
呼び出すと下の画面のようになる。





arduinoからの温度がリアルタイムで表示される。また、ONボタンでarduinoへデジタル信号を送ることができ、押すたびにLEDが点滅する。※ラインファンはイメージのためコードには入っていません。

これで温度を監視しながらファン等を動かすシステムが完成した。デジタル出力1ポイントとアナログ入力1ポイントのみの簡易のものだがarduinoのポテンシャルの高さを感じた。

NODEjsやJavascriptなどのプログラムははっきりいって素人レベルのアルティメットだが今後もarduinoで設備関係の記事にチャレンジしたい。


↓↓電験3種の公式集を作りました↓↓



拍手[0回]

11/14

Mon

2016

【NODE js / arduino】簡易監視システムを作る 前編

工場や商業施設など大規模な現場の場合、遠隔・集中監視のため設備員用の監視システムが使用されている。メーカーとしては横河電機やアズビル、富士電機製のものなどがあり、それぞれ自社システムにて構築されているものがほとんどだ。しかしさまざまなものがオープンソース化されている現在、メーカーでなければ構築できない、という時代は過ぎ去るのでないかと考えている。

今回、arduino、NODE js、Javascript等を用いて簡易的な監視システムを作ってみることにした。

まず一般的な監視システムの一例を紹介する。

現場機器からの信号をI/Oカードで受け取り監視サーバとデータのやり取りをする。
そしてクライアントPCから監視サーバへアクセスし監視、操作を実施する。
クライアントPCは通常複数あるのが一般的で、一台壊れても監視そのものには影響がない。


続いて今回構築する簡易の監視システムはこのようになっている。

監視サーバの代わりにPC内でNODEjsを動かす事にした。これによりarduinoとシリアル通信しつつjavascriptを用いてウェブブラウザでやりとりができる。ローカルの機器とはarduinoと接続する。ちなみにOSはウインドウズ10で実施。


手順としてはまず、NODEjsをインストールするところから始める。
http://nodejs.jp/よりダウンロードできる。
下記のようなコマンドプロンプト画面で操作する。

NODE JSはさまざまなモジュールをダウンロードできる機能がある。
シリアル通信などをするための準備段階として下記コマンドでインストールする。

npm install  express
npm install  serialport
npm install  socket.io

続いてJavascriptファイルと監視画面のhtmlファイルを作っていく


ファイル名:index.js
var app = require('express')();
var http = require('http').Server(app);
var io = require('socket.io')(http);
var SerialPort = require('serialport');
var serial = new SerialPort('COM3',{   //MACだとポート名が異なる
    baudrate:74880    //alduinoとの通信速度
});
app.get('/',function(req,res){
    res.sendfile('index.htm'); //htmlファイルを呼び出す
});
serial.on('open',function(){
    console.log('open'); //コマンドプロンプトへ出力
});
serial.on('data',function(data){
    io.emit('recvmsg',data.toString());  //温度データ取り込み
});
io.on('connection',function(socket){   //alduinoへ信号出力
    socket.on('sendmsg',function(msg){
console.log('socket.on');
        serial.write(msg,function(err,results){
        });
    });
});
http.listen(3000,function(){ //http://localhost:3000/へ出力
    console.log('listen 3000 port');
});
続いて監視画面となるHTMLの作成

ファイル名:index.htm
<!DOCTYPE html>
<html>
 <head>
  <meta charset="utf-8" />
  <title>arduino control</title>
  <style>
   article, aside, dialog, figure, footer, header,
   hgroup, menu, nav, section { display: block; }
  </style>
 </head>
 <body>
 <script>
document.write("temperature");
</script>
<h1>hello</h1>
<br></br>
<button>on</button> 
<script src="/socket.io/socket.io.js"></script>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-1.11.1.js"></script>
<script>
var socket = io();
$('button').click(function(){
socket.emit('sendmsg','1');//ブラウザのボタンから1を出力
});
socket.on('recvmsg',function(data){
$('h1').text(data);//ブラウザへ温度を出力
});
</script>        
</script>
 </body>
</html>
これで準備はOK、かなり簡単なインターフェースだが、PC側の準備はこれで問題ない。
あとは後編にてarduino IDEのプログラムと回路構成について説明する。

→後編はこちら

↓↓電験3種の公式集を作りました↓↓



拍手[0回]

AD

シェアしてね

著書

プロフィール

HN:
アルティメット雅史
性別:
男性
自己紹介:
製油所、データセンター、化学工場を渡り歩いた設備安全評論家
取得資格は電験3種、消防設備士甲4、2級ボイラー技士、危険物乙4、電工2種、技術士一次試験合格(電気・電子)、フォークリフトほか

カウンター

お問い合わせ

忍者アクセスランキング

Copyright © 設備のマニアどっとこむ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]