忍者ブログ

設備のマニアどっとこむ

設備、電子工作、DIYのブログ!

11/26

Sun

2017

資格免状、免許証のサイズについて

ここ数日、エネ管、技術士補と賞状タイプの資格を立て続けに取得した。そのとき意外だったのがサイズだ。 画像検索などで調べられない事もないのだが、えっB4なの?! ということもある。
 資格は一生モノなので大事にしたいところ。しまっておくのもいいが、自分の先輩で第2種電気主任技術者の免状を家で無くしたっていう人もいたので、アルティメットは引っ越し等で紛失しない様、額に入れることにしている。今回参考にビルメン資格のサイズをまとめてみた。


賞状タイプ

電気主任技術者  A4 タテ
エネルギー管理士 A4 ヨコ
建築物衛生管理技術者 A4 タテ


カードタイプ

危険物取扱者
消防設備士
ボイラー技士

カバー付き折り曲げタイプ

冷凍保安責任者
電気工事士


混同しやすいのが合格証でエネルギー管理士、第一種電気工事士などは試験に合格しても免状ではなく合格証のみが届く。サイズを調べようと画像検索するとこちらがヒットすることが多いので気をつけよう。申請が済むと特に合格証は必要なくなり、どこへしまっていいかわからなくなる笑

カード型の資格免状は実務上、携帯しなければならないものが多い。しかしビルメンはローテーションということもあり自分の机がない、鍵つきの引き出しなどが職場にないなどざらであり結局携帯せず家に大事に保存してある人が多い。アルティメット的には面倒だがカバンの中に入れて毎日職場へもって行くのがおススメなのだが、なかなかそういう人はいないだろう。

設備の資格は携帯が必要なものはカード、そうでなく省庁などへ届けるときだけ必要なのは賞状といった具合に分類される。どちらにせよキチンと保管して急に必要になった時にパッとだせるようにしておこう! 使わなければ資格は取った意味がなくなると言っても過言ではないかもしれない。特に資格マニアの人は要注意ですよ!!







拍手[0回]

PR

11/13

Mon

2017

前の会社に実務経験の証明をもらう方法

先日、2年がかりでなんとかエネルギー管理士(電気)に合格した。

合格したのはいいんだけど、実はこの資格「エネルギーの合理化に関する業務」を一年以上してないと免状が交付されない。

ちょうど試験〜合格発表のタイミングで転職してしまったので実務経験を前の会社にもらう事にした。

と言ってもアルティメットはかなり転職を経験しているのでどの会社にしようかと…

A社、B社 プラントエンジニア どちらも3年くらい在籍

C社、D社 データセンター 4年と1年半在籍

どの会社も設備管理だったのでもらえそうなんだけど、新卒で入った会社に連絡してみる事にした。

まずは知り合いに連絡

同期に連絡して総務の人を紹介してもらった。もう10年以上も経っているので当然総務担当は変わっていた。
同期から話をしてもらいスムーズに実務経験の印鑑を押してもらえた。

一応前の上司に根回し

配属されていた工場に電話したら先輩がグループの長になっていたので話は早かった。
「総務から連絡来たら在籍してましたって事でお願いします。」と言っておいた。(もちろん在籍していたんだけど…)

実はもうひとつ難関が

エネルギー管理士は実務経験が子会社の場合、親会社との契約書のコピーが必要とされている。 しかしこのご時世そんなもの部外者に渡せるわけがない。 当然総務の人にやんわり断られたのだが、そのメールを経済産業省に送りつけ、さらに

「契約書のコピーは企業秘密なので提出できません、制度の見直しをお願いします」
と一筆添えたら問題なく免状が送られてきた。
というか、設備の仕様とかが書いてある契約書を紛失でもしようものならどうするつもりなのだろうか?まったく役所の考える事は理解できない。

最近は設備管理の転職は当たり前になって来ている。もし転職後に実務経験が必要になってもとりあえず前の会社に連絡してみる事が大事だと思う。お試しあれ。




拍手[0回]

09/30

Sat

2017

技術士補登録の仕方

技術士一次試験を受けた人はご存じかもしれないが、合格してもそれだけでは”技術士補”とは名乗ることはできない。なぜなら同じ分野で指導技術士がいなければ補佐することができないため登録ができないからだ。そして間違っても1次試験合格のみで”技術士補”と名刺にでも書こうものなら技術士法違反になってしまうので注意してほしい。(アルティメットは受かってから知ったが・・)

この資格はおよそ大多数の人が実務経験を積み2次試験にチャレンジするか、一次試験合格というステータスのままにしているかどちらかという印象が強い。今回運よくアルティメットは指導技術士が見つかり技術士補登録をすることになったのでやり方を簡単にまとめたい。


【必要なもの】
①技術士補登録申請書
 住所や技術士一次試験合格証番号など申請する本人の情報を記入するのだが、指導技術士の登録番号、事務所名称などが必要になってくる。また指導技術士と会社が違う場合はその会社の同意書が必要。ちなみにJABEE(ジャビー?)卒業の人はフォーマットが違ったりするので注意すること。

②登記されていない事の証明書
 法務局で発行される。郵送で取り寄せる場合特殊なケースを除き、身分証明書のコピーと収入印紙を貼った申請書と返信用封筒を同封すれば1週間もしないうちに発送される。

③身分証明書
 本籍のある市区町村で発行される。こちらも郵送であれば身分証明書のコピーと申請書と返信封筒で発行されるが、収入印紙ではなく定額小為替という郵便局でしか手に入らないものが必要なので注意が必要(残念ながら郵便局窓口へいかなければならない)

④補助しようとする技術士の証明書
 指導技術士のサインと私印

⑤印紙と振込受領書(ATMの明細書でも可)
 印紙は15,000円、振込は6,500円とあわせて2万超えでとってもリーズナブル。

詳しくはこちらのページ参照してもらいたいが、欠格事項等もあり登録できないケースもあるので、できれば技術士一次試験を受ける前に確認することをおススメしたい。

とりあえずこれで申請しているのだが、登録書がきたら技術士補(電気・電子)と名刺にいれようかと・・。なかなか”補”をいれている人はいないのでレアな名刺になる予感!!!








拍手[0回]

08/08

Tue

2017

あきらめてしまった資格たち

今でこそ、転職などで使えそうな資格をいくつか持っているアルティメットなのですが、実は今までかなりの資格に落ちています。はっきり言って誰の何の役にもたたないかもしれませんが、今回諦めてしまった資格たちをまとめてみたいと思います。


1.初級シスアドミニストレータ

高校生3年生のころ、大学が推薦で決まっていて時間があったので試しに受けてみました。勉強したという記憶はないのですが、なぜか受かる自信が当時ありました。初級といっても午前150分、午後150分というなかなかハードな資格で無勉では到底太刀打ちできるものではありませんでした。2009年に廃止になり現在はITパスポートという資格に継承されているそうです。

2.一般計量士

環境計量士の影にひそんでいてあまり日の目をみないのですが、はかりの計量証明をするときに必要な資格です。工場などで重宝します。(わざわざ計量士を呼ぶ必要がないため)これは社会人になりたての頃、上司に勧められて受けたのですが全然ダメでした。4科目あるのですが科目合格がないのでかなりキツいです。でもこの資格をもっていれば定年後に独立してフリーになったりもできるみたいです。

3.第三種冷凍機機械責任者

ビルメン4点セットのうちのひとつ、いわゆる三冷です。保安科目と法令科目があるのですが、保安が最近難しくなっています。お金を払って講習会に行けば免除され楽に取得することができます。
 この資格はほかの資格と違い、正しい答えがひとつとは限らない複数回答の為、消去法が使いづらいです。もうすこし勉強すればとれそうな気がしますが、やる気がでません。あとなんとなく高圧ガス保安協会もキライです。


4.第一種電気工事士

二種は取得したのですが、実技の準備ができなくて断念。電気工事の本職ではないので必要性が感じられずモチベーションがあがりませんでした。二種より材料の種類が増えお金もかかります。さらに維持講習会もあるので筆記免除(電検取得による)になっても受ける気がまったくしません。でも電気屋さんなら施工管理と一緒にマストアイテムです。



番外編

第二種電気主任技術者

もうすこしで諦めそうです(笑)ムズいの一言。1次試験でもかなりの難易度です。理論の微分方程式あたりで答えを見てもわからない状況が続いています。どうやら3種、エネ管とは格が違うみたいです。でも難易度がわかっただけでも成長したのかも…

ユーキャンのボールペン字講座

資格なのか微妙ですがとにかく心が折れました。通信教育ということで定期的に封筒に書いた字を送るのですが、添削をしてくれる先生が厳しく(字が汚すぎ?)いつも赤字で真っ赤になって返信されてきます。30%~40%ぐらいはやったのですが、途中でやめてしまいました。母親が就職するときにお金を出してくれて始めたのですが…(ゴメンナサイ)


まとめ

アルティメット的には資格に合格するにはあきらめないで試験を受け続けるしかないと思っています。やはりあきらめた瞬間にその資格に本当の意味で不合格になるのかな~といろいろな試験を受けて思いました。
 
 そして仕事の合間に勉強するのでモチベーションは一番重要な項目です。人から勧められた資格は特にキツい。やはり自分の意志、自分のお金で試験を受けるのがベストかなと思います。
 
 あと最後に諦めてしまった試験も勉強したことは無駄じゃなかった、と思うようにしています。資格は証明なのであって勉強することが目的、さらには業務で活かすことが目的と勝手に決め付けています。今後も資格に限らず仕事に趣味に活かせる勉強をしていく予定です。なにか有益?な情報がありそうだったらまとめていきたいと思います。







拍手[0回]

12/29

Thu

2016

今年受けた資格・講習まとめ

今年もあとわずかとなってきましたが、2016年に受けた試験、講習をまとめてみました。


試験関連

・エネルギー管理士(電気)

電験2.5種と言われたエネルギー管理士ですが、近年は電験3種の難易度が上がってきたこともあり、あまり難易度的には変わりません。若干ボリュームが多い程度だと思います。
結果は惜しくも4科目中3科目合格と「電気の基礎」という科目を落としてしまいました。
科目合格があるので来年も受験予定です。


・第二種電気主任技術者 (1次試験)

エネルギー管理士の1か月後、9月に試験だったのですが一次試験の「電力」のみ合格しました。
合格ラインはどの科目も90点満点中50点程度です。一次試験のみであれば、さほど難易度は高くなさそうな気がしますが2次試験は筆記ということもありかなりきつそうです。職場で必要なので数年計画で取得できればと思っています。(最悪認定も視野にいれています)


・第三種冷凍機機械責任者

いわゆる3冷です。来年1月に合格発表なのですが、どうも1問足らなそうです笑
法規と保安の2科目なのですが、保安の難易度が最近急上昇しているので科目免除になる講習を受けることをおススメします。お金がかかってしまいますがどうやらKHK(高圧ガス保安協会)は資金不足っぽいのでお布施してあげて下さい。ボクはしばらく受けるつもりありません。


今年は仕事もさほど忙しくなくかなり勉強できたのですが、残念ながら科目合格どまりでした。
というより、年に3試験は少し無謀だったかもしれません・・・。


講習関連

・防災センター要員講習/自衛消防業務講習
丸二日間講習を受け、最後に簡単な試験があります。
ある程度以上の延床面積の物件を管理している場合、受講義務があります。さらに5年ごとに再受講要です。ビル管ならマストで受けなければならない講習ですが自分は設備の仕事12年目で初めて受けました。神奈川県で申し込んだのですが、実際の火災を消火する訓練があったのでけっこう楽しめました。(ほかの県ではないそうです)

・高圧、低圧電気取扱業務特別教育
低圧はもっていたのですが、高圧を今年受けました。
ブレーカや断路器操作を仕事でしている場合必要です。電験、電工をもっていてもだめです。「労働安全衛生法」で決まっているので受講しなければなりません。不思議ですね。
大手メーカーのOBが講師だったのですが、I×IR(アイ二乗アール)の公式の単位をジュールと言っていました。(正解はワットです)内容はひどいものでした。
でも受けないと労基の立ち入りの時に怒られてしまいます。電源操作をしている現場は全員うけましょう。

・危険物保安講習
危険物のタンクなどを取り扱っている場合3年に一度受講義務があります。以前にも受けたことがあるのですが、法改正や事故事例などについて座学を受けます。ビデオの時間をあったのですが、以前勤めていた現場が燃えている映像を延々観ていたら気持ちが滅入ってきてしまいました・・。 
この講習は半日でテキストもまともなので時間の無駄にはならないと思います。
現場の選任になる時はかならず受講しましょう。受けていないと消防へ届出をするときに怒られる可能性大です。


いままでこんなに試験・講習を受けた年はなかったかもしれません。今の職場と家族に感謝です。
来年も電気関係メインで勉強がんばっていきたいな~ って感じです。ではよいお年を~












拍手[0回]

AD

シェアしてね

プロフィール

HN:
アルティメット雅史
性別:
男性
自己紹介:
製油所、データセンター、化学工場を渡り歩いた設備のマニア
最近はarduinoあたりの電子工作にハマる。
取得資格は電験3種、消防設備士甲4、2級ボイラー技士、危険物乙4、電工2種、技術士補(電気・電子)、エネ電、フォークリフトほか

カウンター

お問い合わせ

忍者アクセスランキング

Copyright © 設備のマニアどっとこむ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]