忍者ブログ

設備のマニアどっとこむ

設備、電子工作、DIYのブログ!

07/16

Mon

2018

マンションで隣の部屋とくっつけるリフォームをする話 2

家のマンションのリフォームが進んできました。

1LDKに家族3人住んでいたのですが、隣のへやとの壁をぶち抜いてひとつの部屋にするリフォームしています。

ついに壁に穴があきました!!




※昼間工事をしているので夜撮影しています。

内装工事も徐々にすすんでいます。
現在は仮住まい。雨漏りしたり、NHKが映らなかったりとトラブル続きです…
(家賃はタダになりました)


早く引っ越したい!!







拍手[0回]

PR

05/13

Sun

2018

マンションで隣の部屋とくっつけるリフォームをする話

久々設備の話です(笑)

今住んでいるマンションなのですが、奥さんの実家で義理のお義父さんのマンションです。
一階に住んでいるのですが、となりに住んでいる人が退去したのでくっつけよう!という話になりました。

実は子供が産まれてから一戸建てや中古マンションの購入も考えていたのですが、今後も同居(といってもマンションの別の部屋)ということで今住んでいるところを広くする方針で落ち着きました。

その話を聞いたアルティメットがまず思ったのが・・・。

マンションの壁ぶち抜いて耐震構造は大丈夫なの??

ということでした。最悪できなければ一階なのでサンルームの検討をしていましたが・・。

マンションを設計した建築士に確認したところ

できるそうです。

建築士の資格はないので何がどうOKなのかいまいち理解できていませんが、かならず確認したほうがいいと思います。

その他部屋をひとつにするリフォームのとき気をつけるポイントは

・トイレ、風呂、洗面台などふたつあってもしょうがないものをひとつにしなければならない。
 →こまるのが玄関、まだどうするか決まっていない。潰すのか??

・コンセント、照明の位置。おそらくそのままではかなり不自然になる。
 →メインのブレーカはひとつになるのかな・・。

・仮住まい
 →短い期間なので貸してくれるところが限定される。また敷金、礼金でかなりかかるコストが変わってくる

・その他手続き×2セット
 →引っ越し屋さん、ガス、水道、電気、同じ場所に戻ってくるので2回やらなければならない。


といった具合かなと思いました。まだ設計士さんと間取り図をやりとりしているところで予測の部分が多いですが。

とりあえず、今は仮住まいが決まったところです。


どうなることやら。

工事が進んできました!






拍手[0回]

04/17

Sun

2016

「地震があったら、水が出なくなる前に風呂に水をためるべき」ついてもう少し語ります。

地震などの災害時に水はとても重要です。トイレ用の水などを確保しなければならないのは正解なのですが、ツイッターなどに出回っている情報に少しだけ補足したいと思います。

  
まず、マンションなどの場合ですが、

断水になっても屋上に受水槽があるので水がしばらく使える。

といわれていますが半分正解で半分不正解です。


屋上にあるのは受水槽ではなく高架水槽の事です。重力で
各階に水を流します。

↑高架水槽

受水槽は1階または地下にあることが多いです。まず水道局からの水をこのタンクで受け、ポンプで屋上の高架水槽まで送ります。


↑受水槽(地上にある場合)

つまり、地震などで断水が起きた場合、蛇口をひねれば高架水槽分は各家庭に水が供給されますが、停電を伴う場合は受水槽→高架水槽へ送るポンプが動かないため、受水槽の水は使えません。ここがかなり勘違いされているところです。

最近では緊急時用に受水槽に直接蛇口がついている場合もあります。マンションにお住まいの方は確認してみましょう。


そしてもう一つお話ししたいことがあります。


この受水槽なのですが、飲料水が入っているため定期的に業者による清掃をしなければなりません。また、いたずら防止のためフタに鍵をかけたりと管理に手間とお金がかかります。


小規模の建物の場合、水道水を直接ポンプなどで加圧しして送水する直結方式を採用してる場合が多く、受水槽を設置していない、あるいは撤去している場合があります。

水道水が清潔というメリットもありますが、その場合、断水で即座に水はでません。

そして建物の高い階までポンプで送水しているため、停電でも水がでません。
※階が低いと水道水の圧力のみで水がでる場合もあります。


続いて排水のお話です。

水が確保できても、地震で下水配管が破断してしまうケースがあります。排水すると他の階で悪臭がするなどといった場合は水が使用できません。

一戸建て、小規模アパートなどで下水ではなく浄化槽(簡単にいうと汚水をきれいにする槽)を使用している場合は汚水漏れの可能性は少ないと思いますが、停電が長引くと浄化槽ブロワーが止まる為、浄化槽の微生物が死滅します。暫定的にはしばらく使えるそうですが、浄化槽の機能は失われてしまいます。排水時は匂いなどに気を付けてください。


あまり無責任なことは書けませんが、大事なのは自分が住んでいる建物の仕様を十分把握する事だと思います。そして大規模災害時にはあまり住居のインフラを信用せず、避難することも大事かもしれません。 最後にこの記事が少しでも困った人にタメなれば幸いです。






 






拍手[0回]

01/31

Sun

2016

マンション管理について 3

先日、前回に引き続き代理で都内のとあるマンションの管理組合に出席した。
 
今回はいろいろと勉強になった点が多かったので報告したい。


まずは管理費滞納の件について


前回120万ほど滞納してる住人について議論になったが、弁護士介入し督促状を送ることになった。  効果は絶大でその後毎月管理費に少しずつ滞納金を足して払っているそうな…。
 
管理費は積み立て修繕費も含んでいるので滞納されると大規模修繕工事に支障が出てくる。かなりの金額が残ってるがとりあえずは安心した(自分の持ち家ではないが…)
そしてマンション管理業者の人が衝撃の発言を…
「続いて滞納されているBさんについてですが…」
なんと!滞納している人がもう1人出てきたのだ。金額は数万円だが、今後の事を考えるとさらに払えない人が出てくるのでは? と不安になってきた。
結局即決で督促状を送る事になった。
ちなみにこの督促状、弁護士がかかわっても1万くらいでできるらしい(もちろん管理費より支払う)下手に住民同士で催促するより確実だし、もめなくて済む。いいね!

続いての議題は損害保険の件

たとえば2階から1階への漏水などが起こった場合は2階の所有者の賠償責任となる。補修のため壁紙だけではなく石膏ボードも貼り替え、となると個人で賠償するのはキツくなるので保険に入ろうという話。
滅多にないとは言い切れないが個人で保険に加入するより管理組合として加入した方がお得感があるのでこれは賛成した。
といってもエレベーターや自動ドアなどの共用設備の事故対策に入っておくものらしい。 納得!


その他、また管理組合の役員を決めるのにもめたぐらいで特に気になった議題はなかったので最後に質問してみる事にした。


アルティメット「すいません、エレベーターなどの点検記録類はどのように管理しているのですか?」

組合議長「…管理人室に保管しています。」

アルティメット「ありがとうございました。」


後ろに座っている人から「あの人誰?」的な声が聞こえてきたが、聞こえないフリしてその場を後にした。


また次回出席したら報告したいと思います。





拍手[0回]

01/25

Sun

2015

マンション管理について 2

先日、前回に引き続き代理でマンションの管理組合に出席。今回は管理費滞納やペット、給水配管の更新などの議題で2時間半、かなり盛り上がった。

1.管理費滞納について
毎月数万円×部屋の数の金額がマンション管理収入となるわけだが、残念ながら120万(!?)ほど滞納されている部屋があった。
前回の議題で管理会社が変わったこともあり、なかなか手際がよく法的措置を提案してきた。若干温情の意見もあったが満場一致で決定した。はたして払ってもらえるのだろうか…

2.ペットについて
だいたいのマンションは小鳥と小動物意外は禁止なはずだが、このマンションは平気で犬猫を飼ってるようだ… ちょっと信じられないがエレベータにオシッコをする事件もあり、責任範囲を決めよう、という話になった。しかし飼っている派と飼っていない派で平行線になり、1時間ぐらい話し合ったあげく何も決まらなかった…

3.給排水老朽化工事について
いきなり配管内部の写真をみせられ老朽化しています!と業者説明が始まった。排水は汚れて当たり前だが、なぜか給水配管も更新するとのこと。ざっと見積1千万なのだが、工事範囲もあいまいだし、一社見積(引き合いの逆)だし、いろいろと質問してしまった。
とりあえず築20年なのでまだ早いのではと思っているが基本的に管理組合は多数決なのでどんどん進んでしまいそうだ。

4.次期役員について
これが一番もめていた。32部屋あるうち順番で5人ずつ決まるのだが、仕事でいけない!子育てでいけない!などと拒否しようする人がいた。金額の管理など公平性を含めて交代にしたほうがいいと思うが代理人なので終始お口にチャックしていた。

 設備の話から遠ざかっている気もするが、管理組合は様々な人間ドラマが垣間見る事ができる。自身のマンションで一度も出席していない人は是非参加することをおススメする。
そして管理費滞納にだけは絶対NGだということが今回わかったアルティメットであった。








拍手[0回]

翻訳(Translate)

AD

シェアしてね

プロフィール

HN:
アルティメット雅史
性別:
男性
自己紹介:
製油所、データセンター、化学工場を渡り歩いた設備のマニア
最近はarduino,Raspberry piyear等の電子工作にハマる。
取得資格は電験3種、消防設備士甲4、2級ボイラー技士、危険物乙4、電工2種、技術士補(電気・電子)、エネ電、フォークリフトほか

カウンター

お問い合わせ

忍者アクセスランキング

Copyright © 設備のマニアどっとこむ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]