忍者ブログ

設備のマニアどっとこむ

設備、電子工作、DIYのブログ!

12/09

Sun

2018

Raspberry pi3B+でBluetooth接続

ラズパイでBluetoothイヤホンを使ってみました。




持ち運びにはタッチパネル、キーボード、マウス、モバイルバッテリーでいいのですが、少し作業中さみしいところ。 Bluetoothを接続してみました。

↓参考にしたページはこちら
http://belial6.hateblo.jp/entry/2017/06/30/003546?fbclid=IwAR0BA5X6hm2pHJXmVPO1--44gIQ23KJoP87hgdYldM_CsltwfszHvPHLyCw



このままやってもらえればできますが、なかなか大変でした。家のBluetooth機器が多いとMACアドレスだけではいったいどれなんだか・・。


無事ペアリングが成功するとYOUTUBEの音が確認できます。

あんまりラズパイで音楽聞く人いないと思いますが、参考になればと思います。








拍手[0回]

PR

11/25

Sun

2018

Raspberry piでブービートラップ?

arduinoでもraspberry piでもいろいろなセンサーを試してみたのですが、今回はホール素子を使ってみました。磁力によってON、OFFをするA3144って素子です。

フォトトランジスタなどと使い方は同じで磁力が加わるとOUTPUTからGROUNDに電流が流れる
仕組みです。





この性質をつかって磁石をこの素子につけているときはON、離しているときはOFFという回路を作ります。 今回はおもちゃに磁石をつけて子供がいじったときに写真と撮るというトラップ?を作りました。


映画泥棒を子供が動かすとUSBカメラが動作します。
コードはこんな感じです。

import RPi.GPIO as GPIO
import sys
import cv2
import time
GPIO.setmode(GPIO.BCM)  
GPIO.setup(27,GPIO.OUT) 
GPIO.setup(17,GPIO.IN)  
while True:
    if GPIO.input(17) == GPIO.HIGH:
        GPIO.output(27,GPIO.HIGH)
        cc = cv2.VideoCapture(0)
        rr, img = cc.read()
        time.sleep(8)
        cv2.imwrite('pic.jpg', img)
        break
    else:
        GPIO.output(27,GPIO.LOW)
        
GPIO.cleanup() 

OpenCVのインストールはこちらです。
ホール素子の信号を17ピンに入れておいて、それが無くなると写真を撮る仕組みです。



おやっ 犯人がすぐわかりました!!

・・・これをラズパイコンテストに応募してもよかったかな。









拍手[0回]

11/18

Sun

2018

ラズパイでログインできなかった話

先日ラズパイがどうにもこうにもログインできない状態になってしまった。
 
何度パスワードを入れてもこの画面になってしまい、エンドレスになっていた涙

パスワードを間違えると、はじかれるのでどうやらあっているようなのだけど…


とりあえず、やったことは、
・Alt+F2,F3でCUI操作
 →とりあえずCUIでは操作可能、sdカードは大丈夫そう。
・Raspberry pi configでGUIブート→CUIブートにしてもどす  
 →変わらず。
・自動ログイン設定がうまくいってないと思ったので、/etc/systemd/system/autologin@.service
から、オートログイン設定を再度設定。
→変わらず。
・ログイン時のパスワード自体を無効にしようと/etc/shadowをいじり、パスワード入力不要にしてみる。
→パスワード入れる必要は無くなったものの症状変わらず。
・CUIからstartXコマンドでGUI起動。
一応使えた。ただしデスクトップは初期の状態になる

ほかにもいろいろ試したが復旧せず。困ってしまったのでFacebookのラズパイコミニティに聞いてみた。するとこんなリンクを教えて頂いた・・。
https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q12166120842


うおー! SDカードの容量がいっぱいになっただけだった。少しデータを削除して復旧。
リモートデスクトップも問題なく通常通り使えるようになった。


うーん、だいぶはまってしまったな・・・。







拍手[0回]

11/18

Sun

2018

ラズパイでビットコイン相場の監視

最近はじめたマイニングなんですが、ビットコインの調子がよろしくなく・・。
先日も1ビットコインあたり70万を推移していたのが、急に62万円まで急落。
なかなか厳しい状況が続いています・・。

そんなこんなでビットコイン相場の監視をすることにしました。
1ビットコイン何ドルかを定期的に出力しているAPIがあるのでそれを利用してます。
import poloniex
import smbus
import time
polo = poloniex.Poloniex()
polo.timeout = 2
chartUSDT_BTC = polo.returnChartData('USDT_BTC', period=polo.DAY, start=time.time()-polo.DAY*500, end=time.time())
print(chartUSDT_BTC[-1]['open'])
import requests
import json
SLACK_URL = "https://hooks.slack.com/services/トークンを取得してください"
def send_slack():
    content = chartUSDT_BTC[-1]['open']
    payload = {
        "text": content,
        "icon_emoji": ':snake:',
    }
    data = json.dumps(payload)
    requests.post(SLACK_URL, data)
send_slack()

このままではpoloniexがimportエラーになってしまうので下記コマンドでダウンロードします。

pip3 install https://github.com/s4w3d0ff/python-poloniex/archive/v0.4.6.zip

このpythonファイルをcrontab -eで定期的に吐き出していきます。
※やり方はこちら
1分に1度ファイルを動作させているのですが、ビットコインの更新は5分に1回です。
slackでは下記の様になります。


ちょっとドル表示なのでピンと来ないのですが、監視することができました。
んー年末に上がるとの予測でしたが、どうも極端に下がった時に購入したほうがいい気がしました。
ビットコインを持っている人は意外と手放さずじっと上がるのを待っているのかも(特にマイナーは・・)
うまく応用すれば大きく下がった時アラームを出して、その時購入→じわじわ戻した時に売るのがベストかも。
もしちょうどいいAIがあれば予測モデルでも作るのですが。 

ちょっとオープンソースAIでは無理かな~  機会があれば頑張ります!







拍手[0回]

11/04

Sun

2018

みちびき衛星サービス開始! GPSモジュールの精度は上がるか!?

国産の測位衛星サービス「みちびき」が今月から本格サービス開始したらしい。

ラズパイにGPSモジュールをつないで自作androidアプリで位置を確認した話


以前にラズパイで使ってみたものの、けっこう誤差あるなあ・・・という印象でした。
衛星が4機になり、数十センチの誤差になったそうな。ホント??


秋月で買ったGPSモジュールを再度ひっぱりだして検証してみた。
いまだに外に出て5~10分くらいは衛星探すのは変わらず。



道路で測定したが建物になってしまった。まだまだ5mくらいは誤差あるのかな…

ただし、前回使用時よりは感度が良くなった気がします。

将来的にはドローンにでも乗せて遠隔操作したいところですね・・。






拍手[0回]

翻訳(Translate)

AD

シェアしてね

プロフィール

HN:
アルティメット雅史
性別:
男性
自己紹介:
製油所、データセンター、化学工場を渡り歩いた設備のマニア
最近はarduino,Raspberry piyear等の電子工作にハマる。
取得資格は電験3種、消防設備士甲4、2級ボイラー技士、危険物乙4、電工2種、技術士補(電気・電子)、エネ電、フォークリフトほか

カウンター

お問い合わせ

忍者アクセスランキング

Copyright © 設備のマニアどっとこむ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]