忍者ブログ

設備のマニアどっとこむ

設備、電子工作、DIYのブログ!

09/22

Tue

2015

電気工事士実技試験について(不器用な人向け)

先日、幕張メッセで電気工事士2種の実技試験を受けてきました。
あまり自信はなかったので結果発表までドキドキしていたのですが、なんとか合格してました。

私のようにあまり器用ではない人向けに合格のポイントをアドバイスさせていただきます。

1.まずは工具、材料をそろえる

当たり前のことですが、ここでケチると大きく不利になってきます。
【工具】
・電工ナイフ ・・・使い慣れたモノで
・プラス、マイナスドライバー・・・・マイナスは小さめのものをチョイスして下さい。コンセントなどの接続間違いを直すときによく?使います。
・電工ペンチ・・・これもやや小さめがおススメ
・ニッパー・・・・切れにくいものはNG。作業スピードが落ちます。
・ウォーターポンププライヤ・・・・ロックナットを締めるのに必要。でもほとんど使わない。
・リングスリーブ用圧着ペンチ・・・必ず取っ手が黄色いJIS規格品を使うこと。大のスリーブは使わないので〇、小、中のみの小さいタイプのものでもOK
・スケール・・・・ロックできるもの。定規でもOK。
・ラジオペンチ・・・・芯線を「の」の字にするためだけに使う。不器用な人向け笑
・ワイヤーストリッパー・・・・少し高いが必ず持っていくこと。VVF用の外装もむけるストリッパーがあればかなり有利になる。

小さめの工具をおススメするのは「念のため・・・」と工具をかなり持っていくと作業スペースがかなり狭くなるからです。自分はストリッパーを2種類持っていきました。おかげで当日は工具を落としたり大変なことに・・・・。

【材料】
コンセントなどはホームセンターでもそろえることは可能ですが、全部一式の材料セットを買うのがおススメです。ケーブル類はどこでもOK。ただ長さは少し長めに切って毎回再利用していました。(意外とケーブル代がかさみます)

2.複線図を書ける様にする。
自分は下記のページで覚えました。
http://eleking.net/k22/
その年の技能試験問題の13問だけ書ける様にしておけば大丈夫です。

3.実技の練習
公表問題を練習する前にまず、ランプレセクタブルや電線管の取り付けなど個々の作業手順を覚えてください。
 技能試験用のテキストを購入するのがいいと思います。自分はオーム社のフルカラーでわかる!できる!技能試験合格テキストを使いました。
試験は減点方式なので重大欠陥があると一発不合格です。このあたりは確実におさえておくことが重要です。
 問題なく作業ができるようになったら公表問題に取り掛かって下さい。自分は公表問題13問を3周練習しました。このとき時間が重要で5~10分程度余らないと本番は苦しいかもしれません。採点はYOU TUBEの技能試験例をみて確認しました。

4.最後に・・・。
合格のコツは練習あるのみなのですが、いい工具をそろえるのも重要です。実技試験のみで7
割程度受かるので自信をもって受けてみて下さい。多少お金がかかりますが電気系資格のなかでは一番おススメです。








拍手[0回]

PR

08/23

Sun

2015

電流ロガーの話

最近暑い日が続いているのでクーラーをガンガンにつけています。そうすると心配なのが電気代…  今回家の分電盤に電流ロガーをつけて負荷電流を調べてみました。


 
↑使ったのはこれ AVIOSYS社のe-mater8870、USBでPCにつないで電流のログを取ることができる優れモノ。

さっそく家の分電盤につけてみました。
 
白相だけなので家の電力量すべてを測定できるわけではないのですが(赤相、黒相間で100V回路が家のなかで振り分けられています)エアコン、食洗機あたりの変動を確認できます。
※クランプメーターの取付けは感電の恐れがあるので十分注意してください。



↑PCで電流値が確認できます。xml形式でログは1分値でどんどん蓄積されていきます。

↓約1日分をグラフにしてみました。




 エアコンは目標の温度に対して室外機コンプレッサーをON、OFFさせているので、短い時間で動作、停止を繰り返しています。
省エネのため、温度設定を高く設定すればコンプレッサーが動く間隔が広くなり負荷が下がります。

まあ、このグラフを見てしまうと省エネするより外の涼しい建物に出かけるのがベストな方法って気がしちゃいますけど…

電流ロガー作ってみました






拍手[0回]

08/01

Sat

2015

【DIY】自動点滅器について

最近電子工作にハマっている。せっかくなので設備にまつわるモノを作ってみることにした。

今回は自動点滅器…  夜になると街灯を光らせる電気設備です。



写真はこれ↑↑ 光が当たらないと接点が働き左の照明がONになります。

これをなんとか我流で作ってみました。



ほとんど制御盤になってしまいましたが… 
暗くすると…


光ります。 


なぜ太陽光パネル?? と突っ込みが入りそうですが、基板の上の可変抵抗で(ほんの少し)動作する明るさを調整しています。 


ちなみに自動点滅器は通常B接点(動作すると接点が解放する)を使用しているのでその機能をマグネットスイッチで代用しています。

ということで動作すると「ドシン!」と音がします。


びっくりするのでとても不評です。


また何かくだらないものが出来たら載せていきたいと思います。




拍手[0回]

07/04

Sat

2015

このマーク知ってますか?







だいぶ更新さぼってました。アルティメットです。


このマークは特定計量器の検定証印っていいます。


特定計量器というのは取引秤の事です。重さはもちろんの事、電力量、水道メーター、など取引に使われる計量器の事です。

取引秤は検定証印が刻印されていて、なおかつ計量士による定期的な校正を行っていなければなりません。

当然の事ながら秤はつかっているうちに機械的、電気的にも誤差を生じるのですが、ある基準以上の誤差のまま取引を行ってしまうと、罰せられてしまいます。

設備管理においてコンプライアンス的に気をつかうところで、必ず一定期間内に点検・校正を実施し、所轄の都道府県へ届出しなければなりません。

↓↓ちなみに代表的な計量器の校正期間はこちら↓↓
ドラムや18L缶などの充填機の秤    2年
電力量計                5年(電子式7年)
ガソリンスタンドのメーター       7年
水道メーター              8年

そして点検後は計量士のダサいシールが貼られます。これで誤差は基準以内という事が証明されます。

まあ、家のガス、水道、電力メーターは大手のインフラ会社の資産ということでちゃんと校正されていると思いますが…

でも万が一、検定証印も計量士のシールもなかったら…。

ちょっと光熱費を多く払っているかもしれない!!



















拍手[0回]

05/09

Sat

2015

このブログについて

いつも設備のマニアどっとこむをご覧頂きありがとうございます。よく知人から「あのブログはいったい何なんですか?」と聞かれることもあり、すこしこのブログについてお話したいと思います。

このブログの目的とは??

設備関連の情報をネットで検索できるようにするため

最近いろんなことをネットで検索できるような時代になったのですが、設備の仕事については検索して解決することはまれです。部品のメーカーや型式を調べたりすることは可能ですが具体的なノウハウまでたどり着けることはほとんどないと言っても過言ではありません。
このブログを見てすこしでも参考になれば… と思って記事を書いています。
(完全に脱線している記事もありますが…)


と、言ってもまだまだ勉強不足や未開拓の分野があるのですが、ブログをはじめて2年間、35記事について振り返ってみたいと思います。
 
だいたい一日5~100PVぐらいです。フェイスブックやツイッターにシェアしていますがほとんどPV数に影響していません。(タイムラインにお邪魔しているだけですね…)
ほぼ検索エンジンからの流入なのですが、記事ごとの月間PV数は以下のとおりです。

ダントツなのが「空気菅のトラブル」と「改正フロン法」の記事です。
空気管についてはこれだけ検索されているということはかなりの現場でトラブルがあるということです。記事が参考になっているかはわかりませんが、火災報知器が死んでいる建物が多いということであれば恐ろしいことですね。

続いて改正フロン法についてですがやはり4月から施行ということで検索する人が多いのでしょう。コンプライアンス対応してない現場が多いことがうかがえます。

その他、シーケンスや電験の記事が検索されますが月によってまばらです。

ブログのこういう機能はアクセス解析というのですが他にも閲覧時刻も確認できます。
設備の記事は平日に検索され(仕事中?)、電験などは休日に検索されています。

身近な人には「さっぱり意味がわからない」と言われるのですが、いちおう見ている人もいるので読みやすく、使える情報を提供できる様頑張っていきたいと思います。

あと、全然読んでなくてもSNSには懲りずにシェアしていきたいと思っていますのでよろしくお願いします(笑)




















拍手[0回]

AD

シェアしてね

プロフィール

HN:
アルティメット雅史
性別:
男性
自己紹介:
製油所、データセンター、化学工場を渡り歩いた設備のマニア
最近はarduinoあたりの電子工作にハマる。
取得資格は電験3種、消防設備士甲4、2級ボイラー技士、危険物乙4、電工2種、技術士一次試験合格(電気・電子)、エネ電合格、フォークリフトほか

カウンター

お問い合わせ

忍者アクセスランキング

Copyright © 設備のマニアどっとこむ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]