忍者ブログ

設備のマニアどっとこむ

設備、電子工作、DIYのブログ!

M5stackでLEDを制御する

前回、M5stickでGPIOを制御する記事を書きましたが、2出力しかなく、LEDなら実は4色内蔵されているみたいなのでそっちを制御してみました。



LEDを光らすだけならG34、G35を使わないでW:6、R:7、G:8、B:9を使ったほうが楽だし、色も変えられます。

まず画像判別はこちらの記事を参照していただいて学習ファイルを作ってください。

学習させた画像からLEDを点滅させるコードです。
import image
import lcd
import sensor
import sys
import time
import KPU as kpu
from Maix import GPIO
from fpioa_manager import *
import KPU as kpu
lcd.init()
lcd.rotation(2)
try:
    img = image.Image("/sd/startup.jpg")
    lcd.display(img)
except:
    lcd.draw_string(lcd.width()//2-100,lcd.height()//2-4, "Error: Cannot find start.jpg", lcd.WHITE, lcd.RED)
task = kpu.load("/sd/作成した学習ファイル名")
labels=["1","2","3","4","5"] #You can check the numbers here to real names.
fm.register(board_info.LED_W, fm.fpioa.GPIO3)
fm.register(board_info.LED_R, fm.fpioa.GPIO4)
fm.register(board_info.LED_G, fm.fpioa.GPIO5)
fm.register(board_info.LED_B, fm.fpioa.GPIO6)
 
led_w = GPIO(GPIO.GPIO3, GPIO.OUT)
led_r = GPIO(GPIO.GPIO4, GPIO.OUT)
led_g = GPIO(GPIO.GPIO5, GPIO.OUT)
led_b = GPIO(GPIO.GPIO6, GPIO.OUT)
led_w.value(1)
led_r.value(1)
led_g.value(1)
led_b.value(1)
 
sensor.reset()
sensor.set_pixformat(sensor.RGB565)
sensor.set_framesize(sensor.QVGA)
sensor.set_windowing((224, 224))
sensor.run(1)
lcd.clear()
while(True):
    img = sensor.snapshot()
    fmap = kpu.forward(task, img)
    plist=fmap[:]
    pmax=max(plist)
    max_index=plist.index(pmax)
    a = lcd.display(img)
    print(labels[max_index])
    b = int(labels[max_index])
    if pmax > 0.85 and b == 5:
        lcd.draw_string(50, 40, "Accu:%.2f Type:%s"%(pmax, labels[max_index].strip()))
        print('max!!')
        
        led_b.value(0)
        time.sleep_ms(400)
        led_b.value(1)
        time.sleep_ms(400)
        led_g.value(0)
        time.sleep_ms(400)
        led_g.value(1)
        time.sleep_ms(400)
        led_r.value(0)
        time.sleep_ms(400)
        led_r.value(1)
        time.sleep_ms(400)
        led_w.value(0)
        time.sleep_ms(400)
        led_w.value(1)
a = kpu.deinit(task)


このコードでは画像を認識すると青→緑→赤→白の順にLEDが点滅します。

基本は34、35のGPIOの動作と同じと思っていたのですが、LEDはコードを見ていただければわかると思うのですが、まさかのActive Low(負論理)でした。つまりvalue(0)でLED ONとなります。
特に付属品をつけなくても、色を変えられるっていうのはいいですね。何かに使えそうです!!















拍手[0回]

PR

コメント

翻訳(Translate)

AD

シェアしてね

プロフィール

HN:
アルティメット雅史
性別:
男性
自己紹介:
製油所、データセンター、化学工場を渡り歩いた設備のマニア
最近はarduino,Raspberry pi等の電子工作にハマる。
取得資格は電験3種、消防設備士甲4、2級ボイラー技士、危険物乙4、電工2種、技術士補(電気・電子)、エネ電、フォークリフトほか

カウンター

お問い合わせ

忍者アクセスランキング