忍者ブログ

設備のマニアどっとこむ

設備、電子工作、DIYのブログ!

06/28

Sat

2014

防爆の自火報設備試験について

最近はマンションなんかでも設置が義務づけられてきた自火報設備ですが、定期的な動作試験をしなければなりません。

スポット型の感知器のテストは加熱火煙試験機で発信機を温めるあるいは煙を出すといった方法で実施します。

↑発報試験の例


一度は見たことあるのではないでしょうか。


では防爆の現場では? 爆発の危険性もあるため火気は使えません。



ではどうするか…  



実はお湯を使います。熱感知器はお湯を近づけ温め、煙感知器は湯気で発報させます。




冬場はすぐ冷めて交換しなきゃいけませんけど、便利ですね~ お湯。






























拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

AD

シェアしてね

プロフィール

HN:
アルティメット雅史
性別:
男性
自己紹介:
製油所、データセンター、化学工場を渡り歩いた設備のマニア
最近はarduinoあたりの電子工作にハマる。
取得資格は電験3種、消防設備士甲4、2級ボイラー技士、危険物乙4、電工2種、技術士一次試験合格(電気・電子)、エネ電合格、フォークリフトほか

カウンター

お問い合わせ

忍者アクセスランキング

Copyright © 設備のマニアどっとこむ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]